Wednesday, 1 November 2017

意外なところに、、、

先日、ミラノで開催している『Mostra Kuniyoshi』(歌川国芳展)に行ってきました。
数年前に相方と一緒に帰国したときに、横浜美術館で国芳展を開催していたので、妖怪好きの相方に見せたい!と思って出かけたら、まだ正月三が日だったので休館(調べてから行けば良かった、、、)。みなとみらいに吹きすさぶ浜風が、妙に痛かったなぁ。

それがミラノで観れるならばラッキー。リベンジするかのように、相方と行ってきましたよ。
観たかった武蔵の鯨退治も、がしゃどくろも、猫も、ぜーんぶありました!
他にも観甲斐のある作品ばかりで、新しい発見があったり、技術の素晴らしさに驚いたり、大満足です。
オススメですよ、みなさん。

で、その帰り。いつものごとく、本屋巡りをするためにドゥオモ近辺をぶらぶらーっと。(ドゥオモの周りは大型書店が3か所あるので、田舎者にはたまらなく楽しい。とはいっても、私はあまりイタリア語で読書することはないのですが。)

ガッレリアをドゥオモに向かって歩いていたら、アーチの向こうに三日月が。


残念ながら、私のスマホでは月ははっきりと写らないけれど、んんん?

よく見ると、新しい発見が! ズームアップ!


アーチのところに時計が付いてる! 知らなかった!
普通に歩いてたら、私は乱視のめがねなしなので、絶対に気がつかないと思う。
しかも、時刻が合っている(と思う)から、現役の時計だ。

イタリアに来て思ったのは公共の場に時計が少ないこと。
今ではあちこちの薬屋の看板が進化して、日付、時計、気温と出してくれるけど、それ以外では、駅にだってあるか、ないか、、、。
(その代わり、少なくとも毎時、多ければ15分ごとに、教会の鐘が鳴るので、意外と時間はわかりやすいけど。)

そんな土地なのに、こんな天井の高いガッレリアのアーチにひっそりと時計が。
誰が使っていたんだろか。今でも動いているようだけど、誰が使っているのか。
今度調べてみよーっと。




Monday, 22 May 2017

トリノで見つけた『カワイイ』

先日、10年ぶりくらいにトリノを訪れるチャンスがありました。訪れると行っても、街中はまったく行く時間がなく、日帰りで「Salone Interntazionale del Libro」という展示会に行ってきました。目的は、大好きな絵本作家、スージー・リーさんの講演を聞くために。(実際は、相方が行く予定だったのでくっついていったということもありますが。)

念願のスージー・リーさんとのご対面を果たし、最新出版の「Linee」にサインしてもらってほくほくとして(でも、帰りの電車の都合で講演終了の15分前に出なければならなかったー。講演が1時間くらいかと思ったら、90分だったのよ)、地下鉄に乗ってこれを発見。


地下鉄ドアに貼ってあった「ドアの巻き込み注意」。きゃーん、カワイイ!
イタリアでこんなかわいい公共広告を見たのは初めてかも。日本で人気の鉄道キャラみたく物品販売すればウケるのに。(日本人にだけか?)

トリノの地下鉄は昨年で10周年だったそうで(購入した切符が、10周年記念バージョンだった)、とっても綺麗でしたよ(ミラノに比べれば)。

次回は、街中を歩きに行かねばねー。



Saturday, 20 May 2017

最近は見慣れたこの景色

久々に電車に乗って出かけてみた。(最近は車で出かけることが多くなったしね。)
春の季節に駅のホームで見る景色。
これには最初、「なんじゃこりゃ?」と思ったものだったが、、、。


ポピー、ポピー、ポピー。



こちらは、名前はわからないけど、白くて丸い小さな花。

毎日電車が往き来する現役線路にこんなに花が咲いていることには初めは驚いた。

植物のたくましさはもちろんのことだけど、だれも刈らないんだということの方が驚きだった。確かにレールの上ではなければ、電車につぶされることもないし、レールギリギリのところにも咲いてる。

春に目に付くので、冬の間は寒いから外の作業は放っておかれるのかなと想像したけど、だんだんと、伸び放題放っておいてるだけなんだと思うようになった。

近所の駅には線路が3本あって、そのうち1本はまったく使われていないので、そこだけはもっとぼーぼーに雑草が伸びまくってる。
だから、上の写真の長さは、毎日の電車が通ってもたくましく育つ長さなのだ。

初めはびっくりした景色も、今や花が咲いてないと逆にさびしいと思っちゃうかもね。



Monday, 27 March 2017

Una Parola al Giorno、一日一語、今日の単語を配信してくれるイタリア語サイト

日本滞在からとっくにイタリアに戻り、春の兆しも見え始め、何となく活動も増えてきたような、、、気がする私です。

活動が増えれば、もちろん外に出る機会も増え、話す機会も増え、、、なのですが、最近の悩み(前からだけど)は、イタリア語の上達が停まったこと。
イタリアに来て6年半ほど。日常生活で話すことにそれほどまで支障を感じなくはなりましたが、文法は複雑な形を網羅してません。聞く力は、わかった振り。読み書きなんて、、、積極的にトライしてこなかったのでスマホのメッセージ程度のことしかできない。

基本的に話をする相手は相方。時に相方の家族。それからヨガレッスンの生徒さん。私の普段の生活では、イタリア語のボキャブラリーを増やす場を積極的に作らなくてはいつまでも今のレベルのままなのだと実感。

そんなところ、義母の従妹が良いサイトを教えてくれました。

Una Parola al Giorno
Una Parola al Giorno、タイトルそのまま、「一日一語、今日の一語」です。
一日に一語ずつ取り上げて、辞書のように意味を説明してくれ、使い方なども書いてあります。これまでに取り上げられた単語は検索できるし、まだ取り上げられていない単語をリクエストすることもできます(いつ取り上げられるかわからないけれど)。
この一日一語をメールで配信もしてくれます。登録無料です。

従妹いわく、説明も丁寧で、品があるとのこと。これならば読解力が弱い私の練習にぴったり。

まだ昨日登録したばかりですが、何となく良さそうですよ、これ。
興味のある方はぜひお試しくださーい。